Kaz Photo

気まぐれ写真帖→風任せ気分任せ、明日は明日の風景がある。写真は出会いだ!!
2007年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年07月
ARCHIVE ≫ 2007年07月
      

≪ 前月 |  2007年07月  | 翌月 ≫

7月25日 ジョウザンミドリシジミ他

残り少なくなってきた7月。何だかはっきりしない天気が続いていても貧乏暇なしには関係無い。と、ちょっとふて腐れ気味です。今年こそは蝶を求めてあちこち出掛けるぞ。の当初の思いは、はかなく消え去りつつありますが、何とか7月2度目の「休暇」が取れました。で、我マイフィールドになりつつある榛名へ行ってきました。気になる空模様もまずまずでした。
前回は濃霧の中ヒメシジミ、ヒョウモンチョウ類だけで終ってしまいましたが、今回はジョウザンミドリシジミ、アイノミドリシジミと思われる少々「スレ」が目立つ個体であったが下草などに降りたりしてくれて十分楽しめた。また、初めての出会いとなったホシチャバネセセリは思わぬ収穫。でも、じっくり撮る間もなく逃げられてしまった。居ることが分かったので次回(来年かな?)が楽しみ。まだまだ、榛名はおもしろい。

今日出会ったその他の蝶はウラゴマダラシジミ、アカシジミ(殆どが色あせていた)、ムラサキシジミ、ベニシジミ、ヒメシジミ(色あせてきた)、クジャクチョウ、アサギマダラ、ヒメアカタテハ、ルリタテハ、ホシミスジ、コミスジ、ウラギンヒョウモン、ウラギンスジヒョウモン、ヒョウモンチョウ、キアゲハ、アカセセリ、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、ジャノメチョウ類(中でもジャノメチョウが非常に多い)などなど。

ジョウザンミドリシジミ
070725zyouzanmidorisizimi9.jpg.jpg

070725zyouzanmidorisizimi2.jpg.jpg


アイノミドリシジミ???
DSC_0056.jpg


アカセセリ
DSC_0090.jpg


ホシチャバネセセリ
DSC_0194.jpg


| Comments(0) | Trackbacks(-)

7月9日 ヒメシジミ他

やっと来た休日、一ヶ月半ぶりだよ。もう体はボロボロ。
いっその事雨だったら体を休ませる口実ができるのだが、前日の今日の予報は曇りで微妙。でも、今回を逃すと次の休みはいつになるか分からないし、二ヶ月も、三ヶ月も、何処へも出掛けられなかったなんて結果になりかねない。で、気合を入れて出掛けた。
始発の6:08発新幹線で高崎駅下車、7:25発榛名湖行きバスに乗り込んだ。標高1084メートルは濃霧で視界が効かない。それに寒い。一枚着込んで沼の原方面へ向かう。小道に入って間もなくヒメシジミの小群、セセリチョウ類、ヒョウモン類、ホシミスジなどが、出迎えてくれた。ツツジは終わり、華やかさはないがユウスゲがちらほら咲いていた。時折、ホトトギスがけたたましく鳴き、濃霧で姿は見えないがイカルの美声をこんな雰囲気の中で聞けたのも良い。で、昨年(14日)、ウスイロオナガシジミが数頭居たカシワの木を覗いて見たが、ちょっと早いのだろうか?まだのようだ。今日はゼフィルスと呼ばれている蝶との出会いも無かったし写真の成果もいまいちで生彩に欠けていたかもしれない。でも何より久しぶりに出かけられた事、自然に触れることが出来た事でストレスの積み重ねだけは避けられたようだ。

ヒメシジミ
070709himesizimi1.jpg.jpg

070709himesizimi2.jpg.jpg

070709himesizimi3.jpg.jpg


ホシミスジ
070709hosimisuzi1.jpg.jpg


ヒョウモンチョウ
070709hyoumontyou1.jpg.jpg


ウラギンヒョウモン
070709uraginhyoumon1.jpg.jpg


ユウスゲ
070709yuusuge.jpg.jpg

| Comments(1) | Trackbacks(-)